カスタマイズ性が高いメカニカルキーボード「Keychron Q1」発売

PCBが完成している自作キーボード風

個人的に好きなキーボードメーカーKeychronから、新作キーボード「Keychron Q1」が登場します。今度はUSB接続の75%有線メカニカルキーボードですが、半自作というか、カスタマイズ性が特徴となっています。

キースイッチはGateron製で、ホットスワップ対応。もちろん、Cherry MXなど他のキースイッチも利用可能です。またPlateは標準ではアルミ製ですが、別売りアクセサリとしてBrass、プラスチック、FR4製のものが用意されています。

そして半自作ともいえる最大の特徴が、自作キーボードではおなじみのQMK/VIAをサポートすること。これらのソフトを利用し、キーボードレイアウトやショートカット、バックライト効果などを自由にカスタマイズ可能です。

組み立てられた製品版は169ドル、キースイッチとキーキャップが付属しないベアボーンキットは149ドルで、9月15日に発売予定となっています。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。