スペースバーが分割しているキーボードKemove 64/66 Keyを購入してみた

親指シフターなら便利かも?

以前に紹介したカスタマイズ可能なキーボードKEMOVE。その後、気に入っていろいろと弄っているのですが、64/66キーはどんなものなのだろうと気になってしまったので、公式サイトから購入してみました。

大きな違いはスペースバーが分割されていること。赤いキーを含めて標準ではすべてスペースとして認識されますが、カスタマイズソフトにより、それぞれ独立したキーを割り当て可能です。

また、3つのキーをまとめて、一般的な長いキーに変更することも可能。

▲この部分のプレートごと交換します。

このほか、64/66キーのいいところは、独立したカーソルキーがあるところ。

▲DELキーもあります

もちろん、キースイッチはホットスワップ対応で、他のスイッチに交換可能です。

▲今回は最初から赤軸を指定して購入。他に青軸、茶軸が選べました

ちなみに、キーキャップの形状が61キーと異なっており、61キーがOEMプロファイルなのに対して、64/66キーがDSAプロファイルになっています。

▲61キーは列によってキーの高さが微妙に違うのに対して、64/66キーは同じ高さ

キーボードのカスタマイズ性は、61キー版とほぼ同じ。ただし、利用するアプリは別になっています。

とりあえず、分割されているスペースキーをどんな風に使うか悩み中です。あと、キーキャップが微妙に打ちづらいので、OEMプロファイルなものに変更したい……。

カテゴリ:モバイルアクセサリ