カラビナ型カメラIVY REC、10月中に130ドルで一般発売

日本でもそろそろ?

米CANONは10月10日(現地時間)、7月にIndiegogoでクラウドファンディングを実施していたカラビナ型カメラIVY REC Clippable Outdoor Cameraの一般販売を開始すると発表しました。価格は129.99ドル(約1万4000円)。発売日は定かではありませんが、BestBuyでは10月16日出荷予定となっています。

IVY RECはディスプレイを持たないデジタルカメラ。 本体サイズは 110.5 x 45.2 x 18.5 mm。カメラは13MPで1/3インチCMOSを使用。静止画だけでなく、1080P@60fpsの動画撮影にも対応します。ストレージは非搭載で、別途microSDXCなどを使用。 防水防塵はIP68相当。

ファインダーもありませんが、カラビナ部分がファインダーも兼用します。また、専用アプリを利用すれば、スマートフォンからライブビューの確認可能です。

カラーは Riptide(青)、Avocado(緑)、Dragon Fruit(ピンク)の3色ですが、年内に追加のフェイスプレートが発売されるとのこと。

以前に日本でも年内に投入という話が報じられていたので、そろそろ話しが出てきてもいいころのはず。常にスマートフォンがある現状では、必須というわけではありませんが、気軽に持ち運べてどこでも使えるIVY RECのようなカメラは、やっぱり遊び心を刺激してくれるものです。

(source CANON)

back to top