iPhoneはアルコール除菌してもOK。でも「イソプロピルアルコール」ってなんだ?

クロロックスは米漂白剤メーカーだけど、漂白剤は使っちゃダメとのこと

Appleが公式サイトを更新し、iPhoneやMacなどのお手入れにアルコールワイプを使ってもよいとの見解を示した。新型コロナウィルス対策によるものです。

新型コロナウィルス対策には、手洗いが推奨されていますが、どんなに手洗いをしても、外で触りまくっているスマートフォンをそのまま弄ったのでは意味がありません。スマートフォンやキーボードが、トイレよりも汚染されているというのはよく知られた話でもあります。

なお、Appleはアルコールシートの使用を無条件に認めているわけではなく、ディスプレイやキーボードなど通気性のない硬い表面を優しくふき取る分には構わないと限定的な使用にとどめるようにとのこと。

また、利用を認めているのは「70%イソプロピルアルコール含有ワイプ」や「クロロックス除菌ワイプ」です。どちらもあまりなじみがないのですが、アメリカでは一般的なアルコール除菌シートのようです。

日本でアルコール除菌シートとして販売されているのは、エタノールを使用したものが多いですが、イソプロピルアルコールは殺菌・消毒薬としてエタノールの2倍の効果を持つとのこと。

エタノールはAmazonでも売り切れていたりしますが、イソプロピルアルコールは普通に売っていました。

普段から、エタノールで小まめに掃除(除菌ではなく、あくまで掃除)していたのですが、しばらくはイソプロピルアルコールでの除菌も気にしたほうがいいのかもしれません。

あと除菌といえば、スマートフォンをUV殺菌するというガジェットもあるので併用するといいのかも。新型コロナウィルスに効くのかはわかりませんけど。

(source Apple)

カテゴリ:モバイル