iPhoneがGoogleアカウントのセキュリティキーとして利用可能に

iPhoneメインな人には朗報なのかも

Googleアカウントへのログイン時、2要素認証のセキュリティキーとしてiOS端末が利用可能となりました。

Androidは2019年4月にすでに対応していましたが、iOSは1年近く遅れての対応となりました。なお、利用するにはSmart Lockアプリを最新版にアップデートする必要があります。

セキュリティキーとしての登録は、Googleアカウントの画面からではなく、Smart Lockアプリから行います。ただ、一度設定してしまえば、Googleアカウントの管理画面からも変更が可能です。

iPhoneやiPadをセキュリティキーとして登録すると、2要素認証が必要なタイミングで「ログインしようとしていますか?」との通知が表示され、はいを押せば認証が完了します。「Googleからのメッセージ」で利用するのと同じ表示ですが、あくまでもセキュリティキーなので、ログインしようとしているデバイスとBluetooth通信が必要なのがポイントです。

Googleからのメッセージの場合、どこか別の場所でログインを試みられた場合にも通知が飛び、うっかり無意識に「はい」を押してしまっても認証出来てしまいますが、今回の場合にはBluetooth通信圏内でないと認証できず、安全性は高まります。

Bluetooth通信のため、iPhone側とログインするデバイス側(パソコン)双方ともBluetoothを有効にしておく必要がありますが、事前のペアリングは不要です。

なお、セキュリティキーとして登録できるスマートフォンは1台のみとなります。iPhoneやAndroidなど複数端末を利用している場合でも、常に1台しか使えないので、普段持ち歩くメイン端末を設定しておくのが無難でしょう。

(via 9to5Google)
(source App Store)

カテゴリ:モバイル