iPhone 12 miniのロック画面タッチ感度問題、トリニティが対処方法を公開

ガラスシート全般で発生する可能性があるものの、装着するケース次第な感じです

iPhone 12 miniで報告されている、ロック画面でタッチ操作が行えなくなる問題。サードパーティのトリニティが自社製品でも発生を確認したとして、対処方法などを公開しています。

それによると、問題はiPhone 12 miniのみで発生し、他のiPhone 12シリーズでは起きないとのこと。また、ガラスシート、保護ケースを併用し片手で操作した場合にのみタッチ感度の問題が起き、両手で操作すれば問題はないそうです。

iPhone 12 miniの静電圧タッチディスプレイは、起動時にのみ接触面積が広いと異常を感知しているようだとのこと。ポケットに入れた際に誤ってロック解除されないようにという仕組みが、誤動作を引き起こしているのかもしれません。

なお、指の腹ではなく、指を立てて指先で軽く触れれば大丈夫だそうで、もし問題が発生しているなら試してみる価値はありそうです。

ところで、私もトリニティのガラスシートとPITAKAのケースを装着しているのですが、いまのところ問題は発生していません。トリニティ自身が自社のガラスシートでも問題が出ると言っているので、ケース次第なのでしょう。

▲ガラスシート+PITAKAのケースで問題はおきていません

ためしに、布(メガネ拭き)を挟んでみたら、見事にタッチ操作ができなくなりました。指先を立てると反応します。

PITAKAが使うアラミド繊維は非導電性のはずですが、十分に薄かったりすると大丈夫なのかもしれません。

なお、ガラスシートではなく、薄い保護フィルムなら問題は発生しないとのこと。ミヤビックスのOverLayシリーズなら問題はないそうなので、気になる人はガラスではなく、こちらを選ぶのが安全そうです。

カテゴリ:モバイル