最新のIoT機器を実際に試せるショールーム「boxsta」が期間限定オープン

全部で25アイテムが展示されています

渋谷スクランブルスクエアにて、Makuakeでクラウドファンディングを実施したアイテムなど、最新のIoTを実際に体験できるPOPUP店舗「boxsta」がオープンしています。期間は11月28日(木)~12月25日(水)まで。

11月28日の午後に行ってみたのですが、(通り道になっているという点を除いても)多くの人で賑わっていました。各アイテムは実際に触れて試すことができるほか、専門スタッフによる説明も受けられます。

▲折り畳みの電動ハイブリッドバイク「glafitバイク GFR-01」
▲電動キックボード「kintone α」

また、各アイテムの横にはカメラとマイクが設置されています。これは、 来店客の動きや声などをセンシング(計測~数値化)し、AIで解析。マーケティングデータとして出展企業にフィードバックするとのことです。

▲手前からPechat、KNIGHT TRUCK、LOVOT。各アイテムの傍にはカメラとマイクがあります
▲窓型スマートディスプレイ Atmoph Window 2
▲オーダーメイドサプリメントサーバー healthServer

個人的に一番興味深かったのは、IoT製品ではありませんが、boxstaの展示製品案内に使われていたNTTコミュニケーションズのホログラムUI「エアリアル」。写真でも多少わかりますが、本当に空中に画面が浮いて見えます。しかもちゃんとタッチ操作が可能。もちろん、タッチした感触はありませんが。

▲エアリアルの案内板

スペース的にちょっと狭めの割に、通路沿いで人通りが多く、タイミングによってはゆっくり見れる感じはありませんが、この手の製品を説明を受けながら弄れる機会はあまりないので、興味があればぜひ行ってみてください。

back to top