iOS 15に導入された「プライベートリレー」SoftBankやドコモが一部機能が使えなくなるとして注意喚起

少なくともベータが取れるまではOFFでもいいのかも

iOS 15で追加されたプライベートリレー機能について、ドコモとSoftBankが一部機能が利用できなくなるとして注意喚起を行っています。

プライベートリレーは、iCloudの有料版(iCloud+)向けに提供された機能で、通信のIPアドレスやSafariの閲覧履歴を非公開にするという機能。IPアドレスは非公開になりますが、地域限定のコンテンツも確認できるよう、おおよその位置情報を保持したり、国やタイムゾーンなどのより広範囲な設定にすることも可能。いまのところベータ版という位置づけです。

まずSoftBankですが、このプレイベートリレーをONにすると、ウルトラギガモンスター+やメリハリプランの動画SNS放題の対象外となり、通信容量がカウントされる場合があるとのこと。また、ウェブ安心サービスのフィルタリングも使えなくなるとのことです。

ドコモでは、回線契約を問わず、以下のdアカウントメニューが利用できない可能性があると案内しています。

これらに限らず、IPアドレスを使って端末を特定するようなサービスは、プライベートリレーの導入により使えなくなっていきそうです。

Source: SoftBank, dアカウント

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。