カテゴリ:News

アクションカム「Insta360 Ace Pro」発表 ライカ共同開発の1/1.3型センサー搭載、8K撮影に対応

廉価版のInsta360 Aceも

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

Insta360が、アクションカメラの新モデル「Insta360 Ace」「Insta360 Ace Pro」を発表しました。価格はInsta360 Aceが5万5000円、Insta360 Ace Proが6万7800円から。

2.4インチのフリップ式タッチスクリーンを搭載しており、Insta360 GO 3に似た雰囲気がありますが、カメラ部は取り外しできません。

ライカと共同開発したInsta360 Ace Proは、1/1.3インチセンサーを搭載し、8K24fps・4K120fps動画、4,800万画素写真に対応。5nmのAIチップと大型センサーによる低照度撮影向けのPureVideoモードを搭載。ノイズの低減、輝度の向上、ダイナミックレンジの向上の組み合わせにより、夜間であっても驚くほど手ブレ補正された詳細な映像を実現できるとしています。

磁気マウントシステムを採用しており、自転車などにも素早く装着が可能。潜水ケースなしで10mの防水性能をもっており、水中撮影にも対応(防水ケースありなら60m)。

新しいAIハイライトアシスタントを使うと、動画内のピークの瞬間を自動的に検出し、カメラ内でクリップハイライトとしてレビューできるとのこと。

Insta360 Aceは、ライカを冠さない廉価版で、センサーサイズは1/2インチ。8Kは撮影できず、6K24fpsが最大となります。