IIJmio、6月からギガプランで5G対応。データシェア機能などもスタート

5GはeSIMとSMS機能付きSIMを除き、ギガプラン以外でも利用可能

IIJmioが、4月から提供している新プラン「ギガプラン」において6月1日から5G対応やデータ容量シェア、データ容量の移行などに対応すると発表しました。

あらたに提供されるのは、下記の5つの機能です。

  • データ容量シェア機能
  • データ容量プレゼント機能
  • 5Gオプション
  • ギガプラン専用追加データ容量
  • ギガプラン会員専用アプリ「My IIJmio」

データ容量シェア機能は、同一契約(同一ID)で保有する複数回線でデータ容量をシェアする機能。最大10回線までのグループを設定できます。例えば、1回線目で20GB、2回線目で2GBの契約をしている場合、2回線トータルで22GBの利用が可能です。

データ容量プレゼント機能もシェア機能に少し似ていますが、こちらはシェアではなく、余っている容量の移行です。例えば20GB契約の1回線目が5GBを2GB契約の2回線目にプレゼントすると、1回線目が使える容量は15GB、2回線目は7GBとなります。なお、データ容量は10MB単位で移行できます。

5Gオプションはそのものずばり、5G対応のオプションです。無料で利用できます。

ギガプラン専用追加データ容量は、データ容量が不足した場合に、1GBあたり220円で購入できるというもの。毎月最大20枚までデータ量(クーポン)を購入できます。

Source : IIJmio

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。