世界初?PD100Wに対応した4ポート充電器「Hyper Juice 100W Gan USB-C Charger」レビュー

最近増えてきた PD 100W充電器。Hyperが一番乗りですかね?

Kickstarterで出資していたHyperの100W GaN UBS-C Chargerが届きました。

最近増えてきたPD 100W(20V/5A)に対応した充電器で、ポートは100W対応USB-Cが2つ、18W対応のUSB-Aが2つで、出力合計は100W。構成としては、先日、Green Fundingでクラウドファンディングを開始したフォーカルポイントのものと同等です。

サイズは、60.8 x 85.3 x 28.9mmで、フットプリントはクレジットカードとほぼ同じ。よくある4~6ポートのUSB-A充電器と大差ない大きさです。

▲iPhone 11 Proと比較
▲Ravpowerの61Wアダプタと比較

プラグは収納式。用途的にはメガネケーブルにしても良さそうですが、持ち運びのコンパクトさを考えるとこちらのほうが便利でしょうか。

なお、各国のプラグが付属しており、底面に挿し込むことで利用可能です。

で、出力可能なPDOを確認したところ、MAXが20V/3Aの表示。あれ?っと思ったら、5A対応のケーブル持ってなかった……。

USB PDで100W(20V/5A)を利用するには、5Aに対応したケーブルが必要になります。これまで5A出力できる充電器がほとんど出回っていなかったこともあり、種類が少なく、 若干お高めなのですが、今後は多少下がってくるかもしれません。

ということで、最大のウリである100W(20V/5A)出力は確認できないのですが、Surface Laptop 3を充電したところ52~54Wでの充電は確認できました。

ちなみに、PPSには非対応のようで、Galaxy Note10+の充電は9Vとなりました。

MAX100Wなので、複数ポートを使うと1ポート辺りの出力は下がりますが、Surface Laptop 3、OneMix 3S、Pixel 4の同時充電ではSurface Laptop 3は50W以下にはなりませんでした。60W以上の充電に対応した機器をつなげればもう少し差が分かると思うのですが、実用上は問題なさそうです。

ただ、やっぱり持ち歩くには大きい気がするので、しばらくは自宅で利用する予定です。持ち歩きには、小型のRavpower 61Wが向いていそうです。

back to top