カテゴリ:モバイル

HUAWEI、度入りレンズに対応するオーディオグラス「HUAWEI Eyewear」を発売。OWNDAYSと提携

見た目は普通のメガネと変わりません

ファーウェイ・ジャパンは5月26日、オーディオグラスの新モデル「HUAWEI Eyewear」を発表しました。5月26日から販売を開始しており、価格は3万2780円。

HUAWEI Eyewearは、ツルの部分にスピーカーを搭載しるオーディオグラスと呼ばれるジャンルの製品。以前にも「HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II」をリリースしていましたが、ナンバリングはなくなったものの、その後継モデルとなります。

スピーカーはツルの下部にあり、耳に直接音が届くイメージ。上部には音漏れ防止ホールが搭載されており、音漏れを大幅に低減しているとのこと。

実際に装着して試してみましたが、周りが多少騒がしい状況であれば、耳をピッタリくっつけなければ、すぐ横に立っていても音漏れは気になりません。

ツルの部分をスライド、あるいはタップ、ダブルタップで音量調整やメディア操作を行うことができ、操作自体はアプリから変更可能です。

この手のオーディオグラス、メガネユーザーにとっては度付きレンズへの交換が問題となりますが、今回はメガネメーカーのOWNDAYSと提携しており、OWNDAYSの店舗に持ち込めば有料でレンズ交換が可能とのことです。

また、そのOWNDAYSがフレームをデザインしたコラボバージョン「OWNDAYS x HUAWEI Eyewear」も6月3日に発売されます。フレームデザインが違うだけで、ハードウェア仕様としては同じもの。ただし、OWNDAYS x HUAWEI Eyewearのほうは、スナップ式のサングラス(別売り)が利用できます。これはHUAWEIバージョンでは利用不可。

ちなみに充電は、ツルの後ろに専用のアダプターをマグネットで装着し、そこにUSB-Cを挿して行います。バッテリーは音楽再生で約6時間、連続通話で約4.5時間持つとのことです。

デザインとしては、HUAWEI版がウェリントン型フルリム、ボストン型フルリム、ウェリントン型ハーフリムの3つ。ただ、ボストン型フルリムはAmazon限定販売のようです。

OWNDAYS版はスクエアとウェリントンの2種類ですが、ブラックとグレーのカラーバリエーションが用意されています。

個人的にはボストンフレームが気になりますが、OWNDAYSのスナップ式サングラスも気になるところ。

なお、HUAWEI公式ストアでは、20%オフの2万6224円で購入できるクーポンを配布中です。