マクラーレン特別仕様のVIVE Pro発売。17万9630円(税別)、特別コンテンツ同梱、抽選でオーストラリアF1観戦も

ターゲットがかなりニッチ

HTCがマクラーレン・レーシングとコラボした、HTC VIVE Pro マクラーレン特別仕様を発表しました。日本国内でもVIVE正規販売店で11月23日(金)から発売開始。価格は17万9630円(税別)となっています。

カラーリングが一部異なるのものの、ハードウェアはそのものは通常のVIVE Proと同じです。それ以外で特別な点として、「McLaren Garage VR」と「RFactor 2」のカスタム版が付属します。

「McLaren Garage VR」はVIVE Studioとマクラーレンが共同開発したVR体験コンテンツで、プレーヤーはマクラーレンのピットクルーとなり、タイヤの調整作業を学習できるもの。ルームスケールでピット内を動き回り、タイヤの交換時間を他のプレーヤーと競えるモードも用意されています。

「RFactor 2」はマルチプレーヤー対応のレーシングゲーム。カスタム版ではマクラーレン仕様になっているようです。

このほか、VIVEPORTの6か月サブスクリプションが付属。また、VIVE Pro マクラーレン特別仕様の購入者から抽選で、2019年にオーストラリアで開催されるF1レースの観戦ができるパパイヤパスが当たるキャンペーンも行われています。購入期限は2019年1月22日まで。

F1好き、マクラーレン好きで、なおかつVR好きな人向けという、なかなかにニッチな製品ですが、刺さる人には刺さるのでしょうかね。

(source PRTimes, HTC)

back to top