HTCが完全日本仕様のスマートフォン HTC J発表 5月下旬にauで発売

フライング公開があって目新しさは失われてしまいましたが、HTCからau向けの新機種、HTC J(ISW13HT)が発表になりました。

「J」の名称が表す通り、ワンセグ、おサイフ、赤外線通信と完全ガラケー仕様。WiMaxまで備えています。また、auとしては初のAndroid4.0 Ice Cream Sandwitch端末となります。そんなHTC Jの主な仕様は下記。

  • Qualcomm Snapdragon S4 MSM8660A プロセッサ(1.5GHz デュアルCPUコア)
  • RAM:1GB
  • 内蔵メモリ:16GB
  • ディスプレイ:4.3インチ 有機EL
  • 解像度:qHD(960 x 540)
  • サイズ:約66(W)×132(H)×10(D)mm
  • 重さ:142g
  • 背面カメラ:CMOS 800万画素 F2.0
  • フロントカメラ:CMOS 130万画素

デザインこそ違いますが、ガラケー仕様を除けば基本スペックはHTC One Sと同等です。Oneシリーズの売りの1つであるF値2.0の明るいレンズ、0.7秒起動、0.2秒オートフォーカスといったカメラについても同じものを搭載しています。

HTCが日本市場での巻き返しを狙って本気を出してきたという感じですが、防水が付いていないのが残念。HTCは防水端末が苦手みたいですね。発売は5月下旬予定。いつものように発売直後から一括0円の投げ売りにならないことを祈ります(買う側としてはうれしいんですけどね)。

それにしても、HTC Jというネーミングはイマイチかな……。でもこのまま順調に端末を増やしていてJ2、J3とか続けばいつかはJ9。ここで「Type J9 グリフォンだ!」と思うか「夜空の星が輝く陰で、悪の笑いがこだまする。星から星に泣く人の、涙背負って宇宙の始末……」というセリフを思い出すかで年代がわかれます。きっと。

(source auHTC)

カテゴリ:News