カテゴリ:モバイル

家中の電気の使用量を見えるかする次世代HEMS「Nature Remo E」がEVパワーステーションに対応

ちゃくちゃくとミッション実現に向かっている印象

スマートリモコンのNature Remoを提供するNatureは2月9日、次世代HEMSシステム「Nature Remo E」がEVパワーステーションに対応したと発表しました。

Nature Remo Eは、家で消費している電力を、リアルタイムに確認できるようにするデバイス。よく、コンセントに差し込んで消費電力を確認するワットメーターがありますが、あれを家全体で把握できるようなイメージです。その基となるデータは、各家庭の電力メーター(スマートメーター)から無線で取得します。

そのNature Remo EがEVパワーステーションに対応したとのことですが、ここで言うEVパワーステーションとは、電気自動車(EV)の大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて家庭用の電力して利用できるようにするシステムのこと。ようするにEVを巨大な蓄電池として活用できるようにするものです。

Nature Remo Eがこれに対応したことで、EVパワーステーションの充放電量をスマートフォンのアプリから簡単に確認できるようになります。

Natureは、「自然との共生をドライブする」というミッションを掲げており、再生可能エネルギー100%で、持続可能なエネルギー供給の世界の実現を目指しています。

今後は、より一層ミッションの実現にフォーカスし、Behind The Meter事業(家庭用太陽光の導入とエコキュート・蓄電池・EV等のエネルギーマネージメントをセットで行うことで、戸建て住宅のエネルギー自給自足を再生可能エネルギーで実現する事業)の基盤構築を行うとともに、外付けIoT製品群を超えた、EVパワーステーション事業にも着手していく予定とのことです。

Source: Nature