GPD WIN3にストレージ2TBの特別モデル。17万4800円で発売

GPD WIN3かONE MIX4、どちらかを買いたいとずっと悩んでます

GPDの国内正規代理店となる天空が、5.5インチのゲーミングPC「GPD WIN3 Ultimate」の天空オリジナルモデルとなる2TBモデルを発売しました。価格は17万4800円。天空での購入特典として専用ドッキングステーションと純正ハードケースも付属します。

GPD WIN3 Ultimateは、CPUにCore i7-1165G7を搭載。RAMは16GB。ディスプレイをスライドするとタッチ式のキーボードが現れます。

本体にThunderbolt 4.0ポートを備えており、eGPUの接続も可能。ただし注意点として、ドックを利用すると本体のthunderbolt 4.0が埋まってしまい、ドック自体はThunderboltに非対応。このため、ドックに接続しながらeGPUは使えません。

画面はスマートフォン並みのサイズしかありませんが、Nintendo Switchも6.2インチですし、ゲームをするには困ることはなさそうです。なおバッテリー持ちはゲーム利用時で3~8時間とのこと。

もっと大きな画面でゲームをしたいということであれば、一回りサイズの大きなONE XPLAYERもあります。ただしこちらはキーボードがありません(別売りでキーボードカバーはあります)。また、少々重いので、持ち歩くことを考えるとGPD WIN3でしょうか。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。