GPD Win MAXは8インチ、Wi-Fi6にも対応。GPDが仕様を公開

思っていたより小さかった。解像度低めなのはゲーム向けだからですかね

GPDが、次期ゲーミングデバイス「GPD WIN MAX」の仕様の一部を公開しています。とはいえ、ほとんどが、これまで小出しにされていたものと同じになりますが。

とりあえず、明かされている仕様は下記の通り。

  • ディスプレイ:8インチ 1280 x 800
  • CPU:Intel Core i5-1035G7
  • RAM:16GB LPDDR4-3733
  • ストレージ:512GB M.2 2280
  • ポート:Tunderbplt 3 x 1、USB-C x 1、USB-A x 2、HDMI 2.0b(4K/60Hz)、RJ-45
  • Wi-Fi 6対応
  • バッテリー:57Wh

画面サイズは8インチとのことで、GPD P2 Maxよりも一回り小さくなるようです。

CPUは第10世代の Ice Lake Core i5-1035G7。4コア8スレッドで、UMPCで採用の多いCore m3-8100Y(2コア4スレッド)よりもかなり強力です。RJ-45が必要かは微妙なところですが、ゲーミングとして考えるなら必要なのでしょう。

まだ発売日に関する情報はありませんが、そろそろクラウドファンディングを開始して、年末~年明けに発売といった感じでしょうか。ただ、新型コロナウィルス関連が落ち着かないと、製造もままならないのかもしれませんが。

(source Twitter, Facebook)