カテゴリ:News

ハイビーム、GPD WIN 4 2023とGPD G1の予約受け付けを開始

意外と安め

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

ハイビームは8月4日、GPDの最新ゲーミングUMPC「GPD WIN 4 2023」と外付けGPU「GPD G1」の予約受付を開始しました。発送は9月下旬以降を予定しています。

価格は下記の通り。

  • GPD WIN 4 2023
    • マットブラック(7640U)16GB / 512GB:11万500円
    • 【予約限定】マットブラック(7840U)32GB / 512GB:13万7800円→限定価格13万2800円
    • マットブラック(7840U)32GB / 2TB:15万8700円→限定価格15万3700円
    • ピュアホワイト(7840U)32GB / 2TB:15万9800円→限定価格15万4800円
    • マットブラック(7840U)64GB / 4TB:20万7000円→20万2000円
  • GPD G1単品:10万6800円→限定価格10万4300円
  • GPD G1+OCuLinkケーブルセット:11万5600円→限定価格11万1100円

GPD WIN4(2023)は、すでに販売中のGPD WIN4のCPUをRyzen 7 6800Uから7840U/7640Uにアップグレードしたモデル。GPD G1を利用できるよう、USB(Type-A)がOculink インターフェイスに変更されています。

GPD G1は、AMD RX 7600M XTが搭載された外付けGPU。性能的にはRTX 3070に匹敵するとのこと。本体にはUSB 4.0(Type-C)、USB 3.2(Type-A)×4、SDカードリーダー、DP 1.4a ×2、HDMI 2.1も搭載されており、ハブとしても利用できます

セットで購入すると20万~30万円コースになってしまいますが、GPD G1を接続すれば、自宅でメインPCとしても利用可能なパフォーマンスは得られるはず。ゲームも仕事もこれ1台で済ませようと思うなら、意外とお買い得なのかもしれません。