カテゴリ:News

Google、クラウドゲーミングサービス「Stadia」を2023年1月18日に終了

見切りの速さはGoogleらしい

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

Googleは9月29日(現地時間)、クラウドゲーミングサービス「Stadia」を2023年1月18日に終了すると発表しました。ユーザーがStadiaで購入したゲームやアドオンコンテンツに関しては、すべて払い戻しが行われるとのことです。

Stadiaは、2019年11月に正式サービスが開始されたクラウドゲーミングサービス。ゲーム自体はサーバー側で処理し、その映像を配信することでクライアント側の負荷が少なくて済むというもの。同種のサービスにはGeForce NowやXbox Game Passでのクラウドサービスなどがあります。

リリース当初はStadia向けのゲームスタジオを開設するなど知化r多を入れていたものの、あまり振るわずにスタジオも閉鎖されるなど、徐々に失速が目立っていました。Googleは発表文の中で「期待したほどのユーザーの支持を得られなかった」としています。

Googleによると、Stadiaで築いた技術は、YouTubeやGoogle Playなど他の部門で活用するとのこと。また、業界パートナーにも技術提供が行われるようです。

Source:Google