Google、領収書などをスキャンして管理できるStackをリリース

米国のAndroid向け。Filesみたいに化けそうな気配はあるけど果たして……

Googleの社内インキュベーターArea 120が、領収書などをスキャンしてスマホで管理できるアプリStackを、米国でAndroid向けにリリースしました。

領収書や請求書、IDカードなどの紙のドキュメントをスマートフォンのカメラで撮影、あるいはPDFファイルを取り込むと、AIがドキュメントの種類を判別して適宜カテゴリー分け(スタック)してくれるというもの。

正直、よくある機能で実際、ドキュメントのスキャンであればGoogleドライブでも行えます。ではなにが新しいのかというと、先にも挙げたドキュメントを認識しての分類機能でしょう。

分類は自動で行えるほか、任意に設定も可能。1つのドキュメントに対して複数のカテゴリーを設定もできます。

単にドキュメントを分類するだけではなく、期日や合計金額など、ドキュメント内の重要な情報を認識してドキュメントの情報として表示も可能。また、検索機能では、ファイル名だけではなくドキュメント内の文字を認識して検索できます(いまのところ英語のみですが)。

このほか、スキャンしたファイルはGoogleドライブへバックアップ可能。セキュリティ対策として、アプリを開く際には生体認証が必要……とのことですが、試した限りでは、いまのところロックはかけらないようです。

今後の進化次第ではありますが、なんとなく使いやすくなっていきそうな予感はあります。とりあえずは日本からもダウンロードできるようにして欲しいですね……。

Source: Google

カテゴリ:モバイル