Google+、終了が2019年4月に前倒しに。新たな情報漏洩の可能性が見つかる

改修よりも潰したほうが手っ取り早いということなのでしょう

10月に約50万人分の個人情報が漏洩した可能性があるとして、一般消費者向けは2019年8月に終了すると発表されたGoogle+ですが、あらたな情報漏洩の可能性が見つかり、一般向けの終了を2019年4月に前倒しすると発表されました。

Googleによると、11月にアップデートを行ったGoogle+ APIに不具合があり、1週間程度、約5250万人分の非公開な個人情報がサードパーティから閲覧可能な状態になっていたとのことです。なお、実際に個人情報が流出した証拠は見つかっていないとしています。

これを受け、2019年8月の予定だったGoogle+の終了を4月に前倒しすることを決定したとのこと。Googleとしては、終了が決まっているサービスの穴を埋めるよりは、終わらしてしまったほうが手っ取り早いということなのでしょう。

Googleは今後数カ月以内(といっても4月まであまり猶予がありませんが)に、データを安全にダウンロードし、移行する方法を案内するとのことです。

なお、終了するのはあくまでも一般消費者向けのGoogle+。G Suiteで提供されているものは、サービスが継続されます。

(source Google)

back to top