カテゴリ:モバイル

アプリ内課金でGoogle Playポイントが直接利用可能に。Androidユーザー補助機能のアップデートなどを発表

Google Playポイントは助かるかも。マンガアプリのコイン購入にしか使っていないけれども

Googleは6月2日、AndroidのGBoard、ユーザー補助、そしてGoogle Playポイントに関する新機能を発表しました。

GBoardのカスタムテキストステッカーとEmoji Kitchen

これまでPixelのみで利用可能だったカスタムテキストステッカーが、すべてのAndroidで利用できるようになります。ただし、対応するのは米国英語のみ。カスタムテキストステッカーは、入力した文字をステッカーにしてくれるというもの。一定のフォーマットはありますが、オリジナルのメッセージを伝えやすくなります。

GBoard関連ではもう一つ、複数の絵文字を組み合わせて新しいステッカーを作れるEmoji Kitchenにも夏向けの組み合わせ(スイカのサッカーボールなど)が追加されています。

ユーザー補助機能のアップデート

スマートフォンで再生中の音や周囲の音を増幅し、聴きやすくするユーザー補助機能「音声増幅」がアップデート。スマートフォンで再生中の動画やオーディオからノイズが除去され、より聞き取りやすいように音声が増幅さるとのこと。インターフェースも見やすくなっているとしています。

もうひとつ、視覚障害者向けの「Lookout」もアップデートされ、新たに画像モードが追加されました。ほぼすべてのアプリ内の画像を開き、その説明を音声で聞くことができます。また、ネット接続不要で、ローカルで処理できるようになったとのことです。

Google Playポイントのチェックアウト

Google Playで決済するたびにポイントが貯まり、様々なアプリのアプリ内課金などで利用できるGoogle Playポイント。これまでは、アプリ内で利用するにはあらかじめそのアプリ向けポイントに交換しておく必要がありましたが、今後、アプリ内で直接Google Playポイントを利用可能になるとのこと。今後数週間で展開されるとのことですが、かなり便利になりそうです。

Source: Google