Google Pixel 6を発表。独自SoC「Tensor」を搭載し今秋発売

この形状、ケース作りがちょっと難しい?

Googleは8月2日(現地時間)、以前から噂の出ていたPixel 6とPixel 6 Proを正式に発表しました。といっても、秋にGoogleの独自チップ「Google Tensor」を搭載して発売するというだけで、仕様の詳細などには触れられていません。

公開された外観は、これまでリークしていたものと同じように見えます。筐体はアルミ製で、Pro 6は光沢仕上げ、6はマット仕上げになっているとのことです。

特徴的なのが背面カメラ部。改良されたセンサーとレンズは従来の正方形に収まらないほど大きくなっているといい、そのためのカメラバーという新デザインになったといしています。

そのカメラですが、よくみるとProのほうがカメラが1つ多いのがわかります。これは4倍光学ズームの望遠カメラとのことです。

https://twitter.com/madebygoogle/status/1422227451816685568

AIと機械学習に特化したGoogle Tensor

肝心の独自チップGoogle Tensorですが、コンピュテーショナルフォトグラフィといったAIや機械学習による処理に最適化されているとのこと。また、当然ながら写真だけではなく、自動翻訳などAI処理全般が強化されるようです。

Source: Google(1), (2)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。