Googleドライブが、PDFやOfficeファイルなどすべてのファイルタイプのオフラインアクセスに対応

やっとという気もしますが、便利になりそうです

Googleドライブが、PDFやOfficeファイルなどのオフラインアクセスに対応しました。Google Workspaceの即時リリースドメインでは9月2日から、それ以外のユーザーは9月14日から段階的に利用可能となります。この変更は、Google Workspaceを契約していない一般ユーザーも対象です。

Googelドキュメントやスプレッドシートなど、Google関連のファイルは以前からオフライン対応していましたが、それ以外のファイルは対象外でした。Googleは2019年にこれらのファイルもオフラインアクセス可能なベータ版をリリースしており、それがようやく一般ユーザー向けに提供された形です。

Chrome OSの場合には、ファイルアプリから、オフラインで使用するGoogleドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルを選択できるようになりました。別途Googleドライブなどを開く必要はありません。

なお、PDFや画像、OfficeなどのGoogleファイル以外をオフラインで利用する場合には、デバイスにインストールされたアプリから開く必要があるとのことです。

Source : Google

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。