Google MapのARナビゲーションが一部でテスト開始。ランドマークを認識して方向を図示

AR眼鏡とかカーナビ向きの技術ですかね

Google MapのARナビゲーション機能が、一部のローカルガイドでテストが始まったようです。

ARナビゲーション機能は2018年のGoogle I/Oで発表された機能。カメラを通して周囲のランドマークを認識し、進むべき方向を図示してくれる機能です。

画像はストリートビューの写真と比較が行われるので、ストリートビューが表示されない場所では使えませんが、旅先や、地下鉄の出口から出たときにどの方向を向いているのかわからない場合などには便利そうです。

ただ、いわゆる歩きスマホになってしまうのが気になるところではあります。これについては、実際に試したWall Street Journalによると、ARナビ表示の数秒後に画面を下ろすように表示されるとのこと。スマホを下ろすと通常のマップ表示に戻るようです。

使い方としては、常時見続けるのではなく、分岐点などで進む方向を確認するのに使うイメージなのでしょう。ストリートビューが提供されていれば屋内でも利用できるので、居場所を見失いがちな、駅中などで活躍するかもしれません。

(via Android Authority)
(source The Wall Street Journal)

back to top