GoogleフォトやGmail、2年間使わないとデータを削除。2021年6月にポリシー変更

普段使っている人なら問題ありませんが、複数アカウントを利用している人は注意

Googleが、Gmail、Googleフォト、Googleドライブの各サービスポリシーを2021年6月1日から変更すると発表しました。新ポリシーでは、各サービスを2年間利用していない場合、そのサービスからすべてのコンテンツが削除される可能性があります。

なお、この削除はサービス毎なので、たとえば、Gmailは頻繁に利用しているものの、Googleフォトを2年間利用していない場合、Googleフォトにアップロードした写真のみ削除されます。

また削除が行われる3か月以上前に通知およびメールで知らせるとのこと。それを受けて1度でもアクセス・操作を行えば、また2年間の猶予が生まれるわけです。

ただし、保存容量の超過が2年以上続いているにも関わらず、空き容量を増やす、追加容量を購入するなどの上限を超えないようにする対応をしていない場合、すべてのコンテンツが削除される可能性があるとのことです。

Googleは同じく2021年6月1日からGoogleフォトのポリシー変更により無制限アップロードが終了するので、容量超過は気を付けたいところです。おとなしく有料のGoogle Oneに移行しろということなのでしょうけど……。

なお、長期間更新されないアカウントの中には、故人のものも含まれますが、その場合は、故人のデータに関するリクエストを行う際の手続きを確認するようにとのことです。

souce: GoogleOne ヘルプ

カテゴリ:モバイル