Google日本語入力、今年のネタはスプーン曲げ

曲がるスプーンの入手が難しそう

これまで数々の日本語入力デバイスを開発してきたGoogleですが、今年もあらたなデバイスを発表しています。今年はスプーン曲げバージョン。

内蔵した曲げセンサーにより、曲げた角度で文字を確定します。まさに微妙なさじ加減が求められます。

いつものように、どこまで本気でどこまでがネタなのかよくわかりませんが、GitHubで回路図とファームウェアが公開されており、Arduino Microと組み合わせれば誰でも簡単に作れそうです。ただ、曲がるスプーンの入手がネックでしょうか。

スプーンを使うかはともかくとして、例えばフットペダルと組み合わせれば、足でも入力できるようになるなど、意外と応用範囲は広そうです。

(source Google)

back to top