カテゴリ:モバイル

Google、機械学習によるChromeブラウザの機能強化を発表

Journeysは早く使いたい

Googleは6月9日(現地時間)、Chromeに追加される機械学習(ML)を用いた新機能を3つ発表しました。いずれの機能でもMLモデルはデバイス内にあり、データが外部に送信されることはないとしています。

許可する可能性の低い通知をブロック

邪魔に感じることも多い、WEBサイトの通知機能。実際によく見る・興味のあるサイトからの更新通知を受けたい場合には便利ですが、検索していてたまたま見ただけのサイトからの通知を許可することはほとんどないと思います。

Chromeの新機能では、機械学習によりユーザーが許可する可能性が低い通知を自動でブロック。ブロックしたことはアドレスバーに表示されます。

Jorneysの強化

日本ではまだ利用できませんが、Googleが今年初めにリリースしたJourneysも機械学習で強化されます。Journeysは、例えば温泉旅行を計画している場合に、その温泉や交通情報、周辺のアクティビティなどについて調べると、履歴画面でその旅行に関連してアクセスしたページをまとめてくれ、あとから検索を再開しやすくするというものです。

この機能が強化され、ページの言語を把握し、好みの言語で翻訳できるようになったとのこと。通常のWEBサイト翻訳と何が違うのかよくわかりませんが、Journeysの画面上でページタイトルなどを翻訳できるということなのかもしれません。

モバイル版Chromeでニーズに合わせたアクションを提案

モバイル版のChromeでは、ツールバー上に共有リンクや音声入力など、その場のニーズ合わせた機能を表示するようになります。手動でのカスタマイズも可能になるとのこと。

Source: Google