カテゴリ:News

Googleアプリやサービスを横断して利用できる「Bard Extensions」発表。まずは英語から

Bardの日本語機能もアップデート

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

Googleは9月19日(現地時間)、AIチャットサービスBardを利用した新機能「Bard Extensions」を発表しました。本日から英語で利用できるとのことです。

Bard Extensionsは、GmailやGoogleドライブ、ドキュメント、Googleマップ、YouTubeなど、Googleのアプリやサービスと連携し、チャットの中でそれらのサービスに含まれる情報を取得し表示できるというもの。

たとえば、グランドキャニオンへの旅行を計画している場合に、Gmailから参加者全員の都合のいい日程を取得し、リアルタイムのフライトとホテルの情報を検索するようBardに指示することが可能。Googleマップで空港までの道順を確認したり、空でのアクティビティに関するYouTube動画を視聴したりといったことも、1つのチャット内で行えます。

また、Googleドライブにある履歴書から、その要約版の作成を依頼するといったことも可能。

なお、Gmail、ドキュメント、ドライブのコンテンツは人間のレビュー担当者には表示されず、Bard が広告を表示するために使用したり、Bard モデルをトレーニングするために使用されたりすることはないとのことです。

Microsoft 365 Copilotは、Bing AIをアプリ上から活用するイメージですが、Bard Extentionsは、Bardを起点として様々なアプリを横断するイメージです。

Source: Google