GoogleマップのARナビゲーション、対象機種が拡大。iOSでも利用可能に

やっぱりメガネ向きな機能だよなぁ

これまでPixel向けに提供されていた、GoogleマップのARナビゲーションが他のAndroidやiOSでの利用可能となりました。

ARナビゲーションは名前の通り、スマートフォン内にARオブジェクトが表示され、それに従って進めば目的地に着けるというもの。ストリートビューの画像を参照し、現在地を認識するため、ストリートビューが使えない場所では利用できませんが、都市部の広めの通りなら大抵は対応しています。

iOSではiPhone XSで利用できるのを確認しました。ARKitに対応していれば使えるのでしょう。Androidの場合もARCoreに対応していれば使えるものと思います。

かなり便利なARナビゲーションですが、スマートフォンを見ながらというのが若干つらいところ。やはりARグラスの普及を期待したいところです……。

(source Google)

back to top