カテゴリ:モバイル

Google、古いAndroidアプリをインストール不可に

最新バージョンリリースから2年以内のAPIレベルをターゲットにする必要があります

Googleは4月6日(現地時間)、Google Playのポリシー更新を発表しました。2022年11月1日から、Androidの最新メジャーリリースから2年以内のAPIレベルをターゲットにしていないアプリは、Google Playでは公開できず、更新も受け付けません。要件を満たしていない既存アプリについても、ターゲットにしているAPIレベルよりも高いバージョンを実行しているデバイスからは検索できず、インストールもできなくなります。

この変更は、最新のプライバシーとセキュリティ機能を備えていない可能性のあるアプリのインストールからユーザーを保護するのが目的とのこと。Androidはバージョンが上がる毎にセキュリティ対策が強化されており、当然アプリ側もそれに対応していることを期待しているとのこと。このため、古いアプリをインストールできなくするというわけです。

ちなみに、すでに端末にインストールされている古いアプリは、引き続き検出・再インストールはできるとのこと。アプリをアンインストールしたり、機種変更したりする場合には使えなくなりそうですが、今後、野良アプリが増えるきっかけになるのではと心配になってきます。

Source: Google