Googleフォトの高画質無制限アップロードが2021年5月末に終了

Pixelからは引き続き無制限アップロードが可能

Googleは11月11日(現地時間)、Googleフォトの無制限アップデートを2021年6月1日から廃止すると発表しました。それ以降は、15GBの無料ストレージ、もしくはGoogle Oneの有料ストレージを消費することになります。

現在のGoogleフォトでは、画像を若干圧縮した『高画質』であれば、容量を気にせず無制限でバックアップが可能でした。しかし、現状で4兆枚以上の写真が保存され、毎週280億枚の新しい写真や動画がアップロードされているとし、将来的にGoogleフォトを維持するために無制限ストレージを廃止するとのことです。

なお、2021年6月1日までにアップロードされた『高画質』の写真や動画については、これまで通り、ストレージ容量にはカウントされません。また、Pixel端末からの高画質アップロードについては、引き続き無制限になるとのことです。

このほか、Googleストレージそのもののポリシー変更も発表されています。これまで、Googleドキュメント(ドキュメント、スプレッドシート、スライドなど)は容量にカウントされていませんでしたが、2021年6月以降は、こちらもカウントされるようになります。ただこちらに関しても、カウントされるのは2021年6月1日以降に作成したものだけとなります。

いつまでも無料のままではないだろうと思ってはいたものの、いざ発表があるとインパクトが大きいです。とくにGoogleフォトの変更は影響を受ける人が多いかもしれません。おとなしくGoogle Oneに加入するのか、別のサービスを探すのか。

私の場合、Gmailだけで15GB使ってしまっているので、他に選択肢はありませんが……。

source: Google(1), (2)

カテゴリ:モバイル