カテゴリ:News

Googleスプレッドシートとドキュメントにあらたなスマートチップ機能。

ストップウォッチの使い所がよくわからない

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

Googleは2月23日(現地時間)、GoogleスプレッドシートとGoogleドキュメント向けにあらたなスマートチップ機能を発表しました。

スマートチップは、「@~」と入力することで、ユーザー名や日付などを簡単に入力できるという機能です。これが拡張され、更に便利になっています。

まず、Googleスプレッドシートでは、場所のチップが追加され、その場所をGoogleマップで直接開いたり、ルート検索を行えるようになります。

また、日付関連のスマートチップも拡張され、@today、@yesterday、@tomorrow、@dateなどを利用した場合に、必要に応じて日付ピッカーで日付を更新できるようになります。

ファイナンスチップでは、Google Financeの情報を埋め込むことが可能。チップをクリックすることで株価や時価総額などが確認できるようになります。

Googleドキュメント向けには、ストップウォッチチップが追加されます。これは、必要に応じてタイマーを開始、停止、リセットできるというもの。

正直、この機能の使い所がわからないのですが、参考画像では「読み合わせの練習」と書かれていたりするので、原稿を読む時間などを計測したりするのに使うことを想定しているのかもしれません。

これらの機能は即時リリースドメインでは2月23日から、計画的リリースドメインでは3月9日から、それぞれ最大15日かけて段階的に展開される予定です。

なお、すべてのGoogle Workspaceユーザーが使えるだけではなく、個人のGoogleアカウントでも利用可能です。

Source: Google