Googleドライブのデスクトップアプリが新しく。個人アカウントでもストリーミング設定が可能に

「バックアップと同期」よりもわかりやすくなった気はします

以前に発表されていた、Googleドライブの個人向けデスクトップアプリ「バックアップと同期」と企業ユーザー向けの「ドライブ ファイル ストリーム」が統合された新しいGoogleドライブアプリが利用可能となりました。

ポップアップが表示され、そのまま設定が開始されるので特に難しいことはありません。また、設定といっても、基本的には従来の内容を引き継ぐので、問題なければそのままでも大丈夫なはずです。

これまでと大きく異なるのは、個人ユーザーでもマイドライブ内のファイルを個別にオフライン設定が可能になったこと。これまでは、一括でクラウド側に置くか、すべてのファイルをローカル側に置くかしか選べませんでしたが、企業向けユーザーと同様に指定したファイルのみローカル側に置くことができます。

なお、Googleドライブのややこしい点ではありますが、Googleドライブ(マイドライブ)と各PCでバックアップを行うフォルダは別物です。上記のストリーミング設定を行えるのは、マイドライブのみとなります。純粋にバックアップとしての動作は、これまでと大差ありません(主観ですが、設定画面はわかりやすくなったように思います)。

Source: Google Oneヘルプ

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。