金属筐体のレトロゲーム機「GKD Pro」がクラファン中

プラスチックじゃないのは珍しい気がするけど、それだけのような気もする

Kickstarterにて、レトロゲームが2500タイトル以上遊べ、20以上のエミュレーターに対応するというレトロゲームコンソール「GKD Pro」がクラウドファンディングを実施しています。

ずんぐりしたゲームボーイ的な筐体ですが、その筐体は金属製。市場に出回っているプラスチックのハンドヘルド機とは見た目も使い心地も異なるとしています。

背面にはショルダーボタンも搭載。

また、本体左側にはセカンダリーボタン(A/B)も搭載しており、横持でのプレイにも対応します。

ディスプレイは3.5インチのIPSで解像度は320×240。CPUはMIPS32R2(1.5GHz)、RAM128MB、ストレージは32GBのmicroSD(最大512GBまで拡張可能)。バッテリーは2500mAhで6時間以上はゲームをプレイできるとのことです。

ライセンスはどうなっているのかなど、気になる点はあるものの、レトロゲーム好きで世に出回っている安っぽい筐体はちょっと……と思っている人には良さそうです。

現在の価格は149ドルから。うまく行けば2022年2月に出荷の予定です。