GPD Pocket2クローンの上位モデル「One Mix2S」登場。プロセッサが第8世代のCore m3-8100Yにアップグレード

価格差程の違いはなさそう?

先日、GPD Pocket 2クローンのOne Mix 2を紹介しましたが、そのプロセッサをスペックアップした上位モデルもGearBestに登場しました。

GearBestのサイト上では名称に違いがなく分かりづらいのですが、どうやら公式には「One Mix 2S」とSが追加されるようです。そのOne Mix 2SとOne Mix 2との違いは、搭載しているプロセッサ。

One Mix 2は、GPD Pocket 2と同じCore m3-7Y30。一方のMix 2Sは、Core m3-8100Yとなります。

Core m3-8100Yは第8世代のCore mプロセッサ。主な仕様を比べてみると下記のような感じです。ついでに、Kickstarterでプロジェクトが開始されたFalconが搭載するPentium Silverも併記しておきます。

仕様Core M3-7Y30Core m3-8100YPentium Silver N5000
コア数224
スレッド数444
ベース周波数1.0GHz1.1GHz1.1GHz
ターボブースト利用時2.6GHz3.4GHz非対応
バースト周波数2.7GHz
キャッシュ4MB4MB4MB
TDP4.5W5W6W
最大メモリサイズ16GB16GB8GB
グラフィックintel UHD Graphics 615intel UHD Graphics 615intel UHD Graphics 605

こうやってみるとあまり差がないですね。ターボブースト時の上限が違いますが、その程度でしょうか。

GearBestではMIX 2が649.99ドル(クーポン:GBTAONEMIX2適用で629.99ドル)、Mix 2Sが729.99ドル(クーポン:GBNBonemix8100適用で699.99ドル)なので、その価格差に見合った違いがあるかはちょっと微妙な気がしなくもないです。

価格 729.99ドル (2018/10/27 23:09時点)

GearBestで購入

ところで、GearBestではシルバーの取り扱いしかないようですが、中国のJD.comを見たらブラックモデルもありました。天板には「MISSION: IMPOSSIBLE」のロゴがあってコラボモデルっぽいのですが詳細は不明です。

back to top