顔のジェスチャーで操作するカメラスイッチやGboardの更新など、Androidに多数の新機能

Pixel向けのFeature Dropではありません

Googleは9月23日(現地時間)、Androidに今シーズン追加する新機能を発表しました。Googleは近年、Pixel向けに四半期ごとにFeature Dropとして新機能を追加していますが、今回のものはPixel限定ではないようです。

顔のジェスチャーで操作するカメラスイッチ

カメラスイッチは、目を開く、微笑む、上を向くなどのジェスチャーによりスクロールやホーム、戻るなどの操作を行える機能。Android 12のベータ版に搭載されていることは確認されていましたが、Android ユーザー補助設定ツールの一部として提供されます。

Google TVリモコン

スマートフォンのGoogle TVアプリから、Google TVデバイスを操作できるようになります。文字入力にも対応するので、パスワードや映画のタイトルを入力するのも捗りそうです。

Googleアシスタントのリマインダーハブ

Googleアシスタントに「OK Google、リマインダーを開いて」というと、すべてのリマインダーを1か所で管理できるようになりました。

この画面には、「毎週土曜の夜にゴミを出す」など、タップするだけで有効にできる定期的なリマインダーの提案も行われます。

GBoardの更新

GoogleのキーボードアプリGBoardでは、絵文字を組み合わせて新しいステッカーを作れるEmoji Kitchenに、1500を超えるステッカーを追加します。

また、電話番号やメールアドレス、URLなど複数の情報を含むテキストをコピーすると、Gboardがそれらを自動的に抽出して貼り付けオプションとして分割してくれるように。スクリーンショットを撮った直後にメッセージアプリを開くと、共有の提案としてそのスクリーンショットを表示します。

ほかにも多数の新機能

このほか、Pixelで利用できる歩きスマホの注意機能が、Android 9以降の端末に展開。ニアバイシェアの共有先を完全に制御できるようになり、Android AutoでGameSnacksなどのゲームを楽しめるようになります。

Source: Google(1), (2)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。