カテゴリ:News

Galaxy Z Fold 5/Z Flip 5発表。Galaxy Harajukuでも体験可能

今年はFlipが良さそう

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

Samsungは7月26日に開催したGalaxy Unpackedにて、新型折りたたみ端末Galaxy Z Flip 5とGalaxy Z Fold 5を発表しました。米国など一部市場では8月11日発売。価格はGalaxy Z Flip 5が999ドルから、Galaxy Z Fold 5が1799ドルから。

どちらも、SoCには「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」を搭載。通常のSnapdragon 8 Gen 2からクロックアップやGalaxy端末への最適化を測ったもので、Galaxy S23などにも搭載されています。

また、ヒンジ部の構造が大きく変わり、水滴側のFlex Hingeを採用しました。これにより、閉じたときに隙間なく合わさるようになり、Galaxy Z Fold 5では、約2.4mm薄くなります。

Galaxy Z Flip 5は、見た目も大きく変化。もっとも顕著なのはカバーディスプレイの大型化でしょう。1.9型から3.4型へと大幅にサイズアップしました。

残念ながら、このカバーディスプレイで好きなアプリを立ち上げたりはできないようですが、表示をカスタマイズしたり、各種ウィジェットを切り替えることか可能。QWERTYキーボードでメッセージを送信することもできるようです。

メインディスプレイは6.7インチ(2640×1080ピクセル)のDynamic AMILED 2Xで、リフレッシュレートは最大120Hz。1Hz~120Hzの範囲で自動調整するアダプティブリフレッシュレートに対応します。

アウトカメラは広角と超広角のデュアル構成で、いずれも1200万画素。インカメラは1000万画素のシングル構成です。

本体サイズは畳んだ状態で71.9×85.1×15.1mm、開いた状態で71.9×165.1×6.9mm。重さは187g。

Galaxy Z Fold 5のほうは、見た目はあまり変わってはいません。メインディスプレイは7.6インチ(2176×1812ピクセル)のDynamic AMOLED 2Xで、リフレッシュレートは最大120Hz。こちらも1Hz~120Hzのアダプティブリフレッシュレートに対応しています。サイズ的にはGalaxy Z Fold 4から変わってはいませんが、ピーク輝度は30%アップの最大1750nitsとなり、屋外での視認性が上がっているとのことです。

カバーディスプレイもGlaxy Z Fold 4から変わらず6.2インチ(2316×904ピクセル)のDynamic AMOLED 2Xでリフレッシュレートは最大120Hz。アダプティブリフレッシュレートに対応していますが、調整幅は48Hz~120Hzとメインディスプレイに比べて狭くなっています。

なお、今回ももちろんS Pen Fold Editionに対応。あいかわらず本体に収納はできませんが、S Penを収納できる専用カバーがオプションで用意されています。

アウトカメラは1200万画素の超広角、5000万画素の広角、1000万画素の望遠というトリプル構成。インカメラは、カバーディスプレイ側が1000万画素、メインカメラ側は400万画素(アンダーディスプレイ仕様)。このあたりの仕様はGalaxy Z Fold 4から変わっていません。

日本での発売はまだ発表されていませんが、Galaxy Harajukuでは両端末の展示を開始するとのこと。実際にカメラなどを試すこともできるようです。