次期Galaxy WatchはAndroid(Wear OS?)になるとの噂

いまのままのWear OSなら止めて欲しい。もしくはTizen版も継続するとか

SamsungのGalaxy Watchシリーズは、OSとTizenを使用していますが、次期スマートウォッチはAndroidベースになるとの情報が出てきています。

Samsungは、かつてAndroid Wear(いまのWear OS)のスマートウォッチをリリースしていたこともありますが、2014年のGear SシリーズからはTizenに移行しています。Tizenに移行してから人気が出てきた印象もあり、ここでAndroid(Wear OS)に戻るのはかなり意外です。

次期スマートウォッチの型番はSM-R86x、SM-R87xの2種類で、Samsungデバイスの情報に詳しいGalaxyClubはGalaxy Watch Activeシリーズになるだろうと予想しています。

現在のWear OSにはまったく魅力を感じないので、SamsungにはTizenで継続してほしいところです。ただ、Android 12にSamsung(Galaxy)の一部機能が標準機能として組み込まれる噂があるなど、両社の関係は良好であるようにも見えます。Galaxy Watchの機能を組み込んだWear OSが登場するのであれば、それはそれでアリなのかもしれません。

via: Pocket-lint
Source: GalaxyClub

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。