Galaxy Note9発表。Note8から何が変わったかチェック

Note8から買い替えるか悩ましい

日本時間8月10日0時からのUnpackedイベントにおいて、Samsungの最新端末Galaxy Note9が発表されました。

仕様などは、ほぼリーク通りで驚きはなかったものの、Note8から順当にスペックアップしてきた印象です。そのNote8との比較を公式がインフォグラフにしていたので、簡単にまとめてみました。

仕様Galaxy Note8Galaxy Note9
ディスプレイ6.3インチ Super AMOLED
2960×1440 521ppi
6.4インチ Super AMOLED
2960 x 1440 516ppi
SoC64bit, 10nm Processor
Octa core(2.3GHz + 1.7GHz)
Octa Core(2.35GHz + 1.9GHz)
64bit, 10nm Processor
Octa core(2.7GHz + 1.7GHz)
Octa Core(2.8GHz + 1.9GHz)
RAM6GB6GB/8GB
ストレージ64/128/256GB
microSD(Max 256GB)
128/512GB
microSD(Max 512GB)
バッテリー3300mAh4000mAh
カメラリア:
12MP(F1.7)+12MP(F2.4)
フロント:
8MP(F1.7)
リア:
12MP(F1.5/F2.4)+12MP(F2.4)
フロント:
8MP(F1.7)
NetworkLTE Cat.16
4X4 MIMO, 4CA
LTE Cat.18
Enhanced 4X4 MIMO, 5CA
認証虹彩、指紋
顔認証
インテリジェントスキャン
虹彩、指紋
顔認証
防水防塵IP68IP68
サイズ162.5×74.8×8.6mm
195g
161.9×76.4×8.8mm
201g

リアカメラにはGalaxy S9+と同じく可変絞りを採用。暗所にも強そうです。

そして事前の情報どおり、SペンはBluetooth対応となりました。カメラのリモートシャッターとして使えるほか、プレゼンのスライド送りや動画などの再生・停止も可能。

Bluetooth対応で気になるのはバッテリーですが、本体内蔵という点を活かし、そのサイズは極小。スタンバイで30分、200クリック分の容量とのこと。かなり少ない気がしますが、充電は40秒で完了します。

なお、オフスクリーンメモ時の線の色が、Sペンの色と同じになるようです。おそらく設定で変更もできるのでしょうが、ちょっとしたこだわりポイントですね。

また、ディスプレイに繋いでPCライクに使用できるDeXも進化。Galaxy Tab S4と同様にDeX Station、DeX Padが不要でHDMIを接続するだけで利用可能となりました(接続にはUSB-C to HDMIのアダプタやケーブルが必要ですが)。

また、DeX利用中はスマートフォンがタッチパッドやキーボードになりますが、それとは別にDeXの画面と独立して使用することも可能。この辺りはHUAWEIのPCモードに近づいた感じです。

全体的にスペックの底上げが行われていますが、そこまで大きな変更もなさそうというのが正直な印象。Note8からの買い替えをどうするかが悩ましいです。

(source Galaxy Note9(日本語ページ), 公式インフォグラフ, Sペン)

back to top