ディスプレイが焼き付いたGalaxy Note8を修理に出してみた

ケータイ補償に入っていれば3000円で綺麗に

以前にゲームのやりすぎで画面が焼き付いてしまったGalaxy S8+。その後、実はNote8も焼き付いていることが発覚。どんだけゲームしてたんだろう……。

ただNote8の焼き付きはそれほどひどくなかったので、気にせずそのまま使っていたのですが、そろそろ購入から2年。そしてドコモの ケータイ補償サービス に入っていたので、それを使って修理に出してみました。

最初、せっかくなのでGalaxy Harajukuで修理しようかと思ったのですが、即日修理、データの初期化が不要というメリットがある反面、修理費用は1万円。対してドコモショップやオンラインでの修理は、2週間程度時間がかかり、かつ端末の初期化が必須。しかしながら修理費用は3000円。ということで、今回はオンラインでの依頼です。

オンラインでの修理依頼を行ったのが9月28日。その後、9月29日に修理機種お預かりキットが発送され、9月30日に到着。9月30日中にポストに投函したところ、10月1日ドコモに到着しました。その後、ドコモからの返送は10月5日で、到着は10月7日という感じです。手元になかったのは正味1週間なので、思ったよりも早く終わりました。

当然ながら、ディスプレイの焼き付きもなくなり、綺麗な状態に。

修理内容としては、普通にディスプレイとタッチパネルパーツの交換です。なので、もともと貼ってあった保護シートはなくなってしまいましたが、代わりに純正(?)の保護シートをくれました。

Note10を買うかは悩み中ですが、これでもしばらくはNote8で戦えそうです。

back to top