「Fuchsiaは新技術を試す実験OS」Googleが初めて公の場で語る

オープンソースなので、技術さえあれば自分で試せます

今年も盛りだくさんの内容だったGoogle I/Oが5月9日(現地時間)に終了しました。ただ盛りだくさんだったとはいえ、予想に反して特に発表がなかったものもあります。Googleが開発している新OS「Fuchsia」もその一つ。

ただ、Fuchsiaにまったく触れられなかったわけではありません。少なくとも、公式に開発していることは明らかにされました。

Fuchsiaは、Googleが2016年から開発を進めている新OS。オープンソースで開発されており、その存在自体は公になっているものの、Googleが表立ってFuchsiaを話題にすることはありませんでした。

Pixelbook上で動作したり、Androidアプリをサポート、またスマートフォン向けのUIも備えるなど、「Chrome OSとAndroidを融合して置き換えるのでは?」とも噂されていましたが、どうやらそういったことではなさそうです。

Googleでモバイル製品を統括するHiroshi Lockheimer氏は、Fuchsiaについて「OSの先端技術を推進することだけを目的としており、そこから得られた内容を他の製品に組み込むことが出来る」と語っています。

あくまでも実験目的のOSとのことで、製品に載せて出荷するようなことは考えていないようです。

ただ、「専用機器について考えてみてください。今、誰もがフクシアは電話用だと考えています。しかし、それが他のことに使えるとしたらどうでしょうか」と含みのある言葉も語っています。スマートフォン上で動作し、ディスプレイを繋げたらDexのようにPCスタイルに……といったことも想定しているのかもしれません。

ともあれ、Fuchsiaが近々にリリースされることはなさそうなので、気を長くして待つ必要はありそうです。

(source The Verge)

back to top