Fuchsia 1.0搭載のGooge Home HubがBluetooth SIGに登場

開発者向けデバイスでしょうか?

Googleが開発中の新OS、Fuchsiaを搭載したGoogle Home HubがBluetooth SIGに登場しました。

Google Home Hubは、現在のNest Hubのこと。2018年のリリース当初はGoogle Home Hubでしたが、2019年のGoogle I/OでNest Hubへの改名が発表されました。Bluetooth SIGでは、古いGoogle Home Hubのまま登録されていますが、これにどういった意味があるのかまではわかりません。

ともあれ、Software Version Numberには「Fuchsia 1.0」の記載があり、Fuchsiaを搭載しているのは間違いない様子。ただし、まだGoogle Home Hub(Nest Hub)向けの公式ビルドはまだ発表されていないので、自分で試すのは難しそうです。

Google Home HubにFuchsiaが載ると何ができるのか、など具体的な内容はまったくわかりませんが、Fuchsiaの開発が少しずつ進んでいる様子はうかがえる出来事です。

残念ながら、Google I/OでのFuchsia向けセッションは予定されていませんが、基調講演で言及されるのを期待したいところです。

Source: Bluetooth SIG via 9to5Google

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。