Fossil、既存スマートウォッチはTizen統合の新OSへはアップデートしない方針

ハードウェア的に追いつかないとかありそう

5月のGoogle I/Oにて発表された、新Wear OS。Tizenと統合されバッテリー持ちや操作性が改善されるとのことですが、残念ながらこの新OSの恩恵を受けられるのは、新しくリリースされるデバイスだけなのかもしれません。

Fossil のCCOであるGreg McKelvey氏とコネクテッド デバイス担当シニアバイスプレジデントのSteve Prokup氏がCNETのインタビューに答える形で、既存デバイスへのアップデートは行わないと明らかにしました。

代わりに、新OSを搭載するプレミアムなスマートウォッチを今秋リリースするとのことです。これがGen 6となるのか、新しいシリーズとなるのかはわかりませんが、LTEモデルも用意するとしています。

アップデートなしというのは既存ユーザーからすると残念なところですが、そもそもGen 5が発売されてから早2年。アップデートされても性能的に追いつけないということはありそうです。

Source: CNET

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。