Fossil、E-Inkディスプレイ搭載のハイブリッドスマートウォッチ「Hybrid HR」発表

Wear OSではありません

FossilがE Inkディスプレイを搭載したハイブリッドスマートウォッチ「Hybrid HR」を発表しました。米国ではすでに発売されており、価格は195ドルから。

Fossilはこれまでも、フィットネストラッカーや通知機能を備えつつ、時計自体はアナログというハイブリッドスマートウォッチをリリースしていましたが、ディスプレイを搭載したものは今回が初(だと思う)。

背面には心拍センサも搭載しており、ディスプレイには心拍や歩数、スマートフォンからの通知を表示可能。毎分の描画が必要な時計部分がアナログになっているため、バッテリー寿命は約2週間と長めになっています。

ところで、Fossilといえば、Googleにスマートウォッチ関連技術を売却し、それはハイブリッド関連だったと伝えられています。

同社初となるE Inkとアナログの組み合わせが、これに関わるものだったのかは定かではありませんが、気になるところです。

ちなみに、 Hybrid HRのOSはWear OSではなく独自のもののようです。

(source Fossil(1), (2))

back to top