スマホ用の薄型スタンド「FoldStand」レビュー。オンラインミーティングにも使えそう【PR】

MOFT Xとも比較してみました

現在、Makuakeで先行予約販売中のスマートフォンスタンド「FoldStand」を、レビュー用に提供いただきました。

以前に似たようなスタンドとしてMoft Xを紹介しましたが、基本的な用途は全く同じ。スマートフォンの背面に貼り付ける薄型のスタンドとなります。

もの自体はとてもシンプル。スタンドのほかに、磁石の入ったタグのようなものが付属します。これの裏側も粘着シートになっており、壁などに貼り付けることで、FoldStandを取り付けたスマートフォンを貼り付けられるというものです。

iPhone 11 Proに貼り付けると、こんな具合のサイズ感です。サイズは103.4 x 63.4mmですが、スマートフォン背面のカーブなども考慮すると、横幅70mmが取り付けられるギリギリのサイズになりそうです。

▲iPhone 11 Proでちょうどいいサイズ

上側をめくるとスタンド上になります。矢印部分にマグネットが入っており、折り曲げ後はぴったり貼り付き、簡単には外れません。

もちろん、そのまま机上に置くことが可能。

横向きにも使えます。

カードも挿入可能になっており、クレジットカードを5枚まで収納できます。

机上に置かない場合には、スマホリングのように指を通して使うことも。

なお、この手の貼り付けタイプは、おサイフ機能が使えなくなったり、ワイヤレス充電が利用出来なくなったりしてしまいますが、FoldStandは問題ないとのこと。

ただ、iPhone 11 Proで試したところでは、確かにワイヤレス充電が行えるものの、途中で止まってしまったりして不安定な状態でした。利用する充電台との相性もありそうですが、過信はしないほうがいいかもしれません。

なお、カードを収納した状態でも充電は行えましたが、これはもちろんカード次第です。Suicaなどのカードは、内部にアンテナが配されているので、思わぬ誤動作や発熱等の原因にもなりかねず、充電時には抜いたほうが無難でしょう。

おサイフ機能については、iPhoneは本体上部にFelicaがあるので問題はないでしょう。Androidの場合、マグネット部に被さってしまわなければ大丈夫だと思います。もちろん、Felicaを阻害するカード類を挿していないのが条件ですが。

なお、最初に書きましたが、FoldStandにはマグネットが使われているので、冷蔵庫などに貼り付けが可能です。スマートフォンの重さで落ちてしまうのではと思いましたが、iPhone 11 Pro(188g)はズレたりすることなく、冷蔵庫に固定できました。

付属のマグネットタグを利用すれば、もう少し重い端末でも問題なく固定できると思います。

▲iPhone 11 Proを冷蔵庫に貼り付け

ところで、最近は少なくなってきたものの、motorola製品など、背面中央に指紋センサがある端末では、この手のスタンドは使いにくいものがあります。

しかし、Makuakeのサイトには記載がありませんが、もともとクラウドファンディングを実施していた台湾のサイトでは、自分で切り取れとの割り切ったことが書かれていました。この部分には背面に粘着シートがあるだけなので、簡単に切り取れそうです。

最後にせっかくなのでMOFT Xとの比較も。サイズはどちらも変わりません。

▲左:MOFT X、右:FoldStand

厚みもほぼ同じくらいです。

縦置き時の角度は、Moft Xがやや急角度。公式にはどちらも60度ということになっていますが。横置き時には、逆にFoldStandのほうが、やや急角度になります。

▲手前がFoldStand、奥がMoft X
▲裏面から

どちらも使って見た印象としては、全体的な作りのしっかりさというか丁寧さはMOFT Xのほうが上だと感じます。ただ、充電対応やそのまま冷蔵庫などに貼り付けられる利便性などは、FoldStandのほうが上です。

あとは好みの問題でしょうかね……。

Makuakeでの価格は1970円から。6月末までに出荷の予定となっています。