Fitbit Charge 4発表。GPS搭載、日本では4月14日に2.2万円で発売

GPS以外の機能はCharge 3からほとんど変わってはいない様子

Fitbitが最新アクティビティトラッカー「Fitbit Charge 4」を発表しました。日本国内では4月14日に発売されいます。Amazonですでに予約を受け付けており、価格は2万2064円。

外観的にFitbit Charge 3からの変更はほとんど感じられませんが、機能自体も大きな変更はありません。とはいえ、まったく変更がないわけではなく、GPSが搭載されているのが大きな違いです。

Fitbit Charge 3などは、これまでGPSを搭載しておらず、スマートフォンのGPSを利用する必要がありました。しかし、Charge 4はGPS内蔵したことにより、スマートフォンがなくても単独でランニングやウォーキングなどの距離やペース、コースなどを記録可能となっています。

ただし、GPSを利用した場合の電池持ちは最大5時間まで落ちてしまうとのこと。使用しなければ最大7日間の連続使用が可能です。

ただそれ以外は基本的にほとんど差がないように思えます。睡眠ログや24時間の心拍測定、VO2Maxに相対的なSpO2の計測なども従来通りです。

GPSに魅力を感じるのでなければ、Fitbit Charge 3からの買い換えは微妙な感じですが、ランニングやウォーキング時にスマートフォンを持ち歩きたくないという人には魅力的なのかもしれません。

(source Amazon, Fitbit)

カテゴリ:モバイル