Fire TV Stick 4Kのリモコンはテレビの音量操作も可能。これまでの不便が少し解消

地味に便利になりました

12月12日に発売となったFire TV Stick 4Kを購入してみました。もともとAlexaが目当てだったのですが、既存のFire TV Stickでも利用可能となっていて、ちょっとショック。しかし、新しいFire TV Stick 4KはAlexa以外にも利用できる機能が増えていました。

新型で一番変わったのはリモコンです。見てわかるように、これまではななかったボリュームボタンと電源ボタンが付いています。

このリモコン、赤外線にも対応しており、接続したテレビなどの操作が可能となっています。学習リモコンというわけではなく、プリセットからセットアップ時にメーカーなどを選ぶ形です。

これまではFire TV Stickのリモコンで操作しつつ、ボリューム調整はテレビのリモコンを使わなければいけませんでしたが、これが1つのリモコンで済むわけです。また、テレビの電源の入り切りも行えます。

せっかくなら完全な学習リモコンで入力切替やチャンネル操作にも対応してくれれば便利なのにと思うのですが、別売りでいいから出してくれませんかね。

back to top