ディスプレイ付きキーボード「FICIHP」がGREEN FUNDINGでクラファン開始

メカニカルのK2はホットスワップ対応

12.6インチのタッチディスプレイ付きキーボード「FICIHP」がGREEN FUNDINGでのプロジェクトを開始しました。期間は11月15日まで。

FICHIPは、以前にKickstarterでクラウドファンディングを実施していたもの。パンタグラフ式のK1とCherry MXスイッチを使ったメカニカルキーボードのK2があり、どちらにも12.6インチ、1920×515ピクセルのタッチ式ディスプレイが搭載されています。

このディスプレイは、キーボードのショートカット的に使えるものではなく、純粋に外付けディスプレイ。つまりキーボードとディスプレイが合体したデバイスがFICIHPです。

PCとの接続はUSB Type-Cケーブル1本でOK。あるいは、USB-CポートがないPCの場合は、付属のUSB-C to HDMI+USB-Ax2ケーブルでHDMIとUSB-A(2ポート利用)で接続可能です。

なお、キー数はK1が98キーでK2は71キー。K1のみ10キー付きとなっています。

もう少し作業スペースが欲しいけど、サブディスプレイを繋げるほどではない。あるいは、デスクトップにショートカットを並べておきたいなどの用途では活躍しそうなデバイスです。

GREEN FUNDINGでの最低価格はK1が4万8000円、K2が5万2000円から。配送予定は2022年3月となっています。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。