ドコモの「ギガホ」「ギガライト」は本当に安くなったのか?自分の回線で計算してみた 

私の場合は安くなりそう

ドコモが発表した新料金プラン、「ギガホ」と「ギガライト」。最大で4割安くなるとうたったプランですが、本当に安くなっているのか、いまひとつわからないものでした。

その内容は、すでにあちこちで報じられているのでそれを見てもらうとして、実際に安くなるのか自分の契約回線で当てはめてみました。

まず現在の契約回線ですが、音声2回線とデータ1回線。月々のデータ使用量は全回線で5GB程度です。

月々サポートなどの割引を無視した金額は下記の通り。価格はすべて税込みです。

回線契約内容月額料金
1回線シンプルプラン(スマホ)1058円
ベーシックシェアパック7020円
SPモード324円
2回線シンプルプラン(スマホ)1058円
シェアオプション540円
SPモード324円
3回線データプラン(スマホ/タブ)1700円
シェアオプション540円
SPモード324円
合計1万3024円

これをすべて新プランに移行すると次のようになります。

回線契約内容月額料金
1回線ギガホ7538円
ファミリー割引(2回線)▲540円
2回線ギガライト(~1GB)3218円
ファミリー割引(2回線)▲540円
3回線データプラス1080円
合計1万756円

意外と安くなっています。ただ2回線目もギガホにしてしまうとトントンです。逆にこれまで通りの使い方でギガライト(~5GB)にしておけば、合計で8596円で収まります。

もちろん、月々サポートや端末購入サポートもあるので、いま乗り換えてしまうと負担増になりますが、プランとしては悪くないのではないでしょうか。

なお、すでにドコモのサイトにて料金シミュレーターが提供されているので、新旧のプランを比較してみるといいかもしれません。

(source ドコモ)

back to top